40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

友人と上手く話せない

スポンサーリンク

手術が終わり、自宅療養中の友人から電話がわりとかかってきます。


友人はそろそろ抗がん剤治療が始まります。


と言っても、今はがん治療がとても進んでいるらしく、
心配しなくて良いそうです。





髪は抜けるから、カツラは買うみたいだけど、
抗がん剤治療終われば、もう大丈夫なんだって。


そうはいっても、なんとなく上手く話せません。


言葉が何も出てこないのです。




治療法のこととかは、色々聞くんですけど、
寄り添ったことが言えないのです。


何か元気付けるような事を・・・と思っても、
頭に浮かぶ色んな言葉は、どうも嘘くさく思えてしまって、
結局、「大変やな・・・」としか言えないのです。


「大変やけど、頑張れ」って、言えないものですよ。


頑張れって、これ以上、何をどう頑張るんだろう?
と思うと、もう言えないんです。




周囲で大病した人がこれまでいなかった訳でもなかったのですが、
実感が伴ってなかった気がします。


可哀相だなぁと思うことはもちろんあったのですけど、
どこか他人事だったのかもしれません。


友人のことにしたって、他人事には違いないのですが、
もっとリアルに感じられたというか。


ウソみたいな泣き方するし、ドラマみたいな事を言ったり、感じたりします。


ドラマって、案外リアルに作ってあるんだなぁと思いました。




抗がん剤治療始まると、もしかしたら体調が崩れるかもしれないので、
また近々会いに行こうと思っています。


たぶん、何も話せない気がするのですが、
もう別に喋らなくてもいいか。




可哀相とか、案外思わないんです。
そういえば、病気の事を聞いた時も、可哀相ってのは無かったかもしれません。


髪が抜けてしまう事に関しても、可哀相っていうより、
「髪ぐらいで済むんなら、全然ええやん・・・」って言いました。


生きてさえいてくれれば、いい。
・・・っていうのも私が言うことなのか。


ただ、あまりしんどい思いせずに、無事に終わって欲しいなぁと思っています。






クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ