40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

ブログとオッサンと私

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20180507134240j:plain

 

この記事最後の方にある、ランキングサイトのバナーをクリックしてもらうと、私に、INポイントというのが1クリック当たり、10ポイント入ります。

 

ちなみに昨日の私の「INポイント」は120ポイントです。これはつまり、11人の人がブログを見て、バナーをクリックしたという事です。

 

え?12人じゃないの?と思ったあなたは、天才です。

 

120ポイントのうち、10ポイントは、私です。

 

私自身なのです。

(恥ずかしくないのか・・・)

 

 

私は昔、縁もゆかりもない、

オッサン1人しか読者がいないブログを3年間続けていました。

 

鋼の心臓です。

当時の私に、モチベーションの保ち方を聞きたいものです。

 

オッサンは忙しそうでしたので、

私のブログに3日に1回コメントするのは、苦痛だったと思います。

 

でも、「うめ子のブログは俺が支えている」とも思ってくれていたのでしょう。

 

ブログの駄目だし・・・もとい、愛ある口出しで、最終的には、オッサンのブログみたいになっていました。


あの時のオッサンの気持ちを想像すると、複雑な心境です。

 

「うめ子にコメントしないと、待っているかもしれない。なにせ俺しか読者がいないから。」

 

「うめ子がアホ程更新しているのは、俺のコメントを待っているのかもしれない。なにせ俺しか読者がいないから」

 

そんなプレッシャーを常に感じていたのかもしれません。


オッサンは、「早く次のステージに行け」という様な事を言い出し始めました。

 

次のステージというのが何なのか?・・・私には理解できませんでしたが、オッサンが私のブログのアクセスアップを図ろうとしているのは理解できました。

 

そして自分以外の読者を増やそうと必死でした。

 

大きなお世話  有難いことです。


オッサンのブログの信者が、私のブログに流入したこともありました。

 

オッサンの知り合いの少し人気のあるブロガーが私のブログを見に来たこともありました。

 

ですが、私の痛いブログ

・・・高尚なブログの読者が増える事はありませんでした。

 

引き続き、私の面倒をたった1人で見なければならない、オッサンの絶望感たるや想像もつきませんでした。

 

そんな、読者が1人しかいなかった私がやっているブログが、です。

 

少なくとも6日は、11人の人が見ているのです。

 

間違ってバナーをクリックしてしまった、うっかり八兵衛が半分いたとしても、少なくとも5人ぐらいの人が見ているという事です。

 

当時の5倍です。


あの時も、せめて5人ぐらい読者がいてれば、オッサンの負担を減らせたのではないだろうか。

 

いやいや・・・そもそも、負担に感じてまで見てくれって誰も頼んでねぇ・・・

 

なんて・・・・・過去の事に思いを馳せています。

 

 

 

クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ