40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

普通の話

スポンサーリンク

職場には60代後半の人とかもいるのですが、「もういつ死んでもいいわ」と、60~70代ギャグをぶっこんできます。



私は42歳。もう結構生きています。
私もいつ死んでもいいと思っていますが、こういうことを書くと「じゃあ死ねよ」と言われるので、ブログには書きにくい所です。書いてもたけど(;・∀・)



死にたい時もありましたが、今は死にたいとは思っておらず、毎日楽しくもなく生きているわけですが、苦もなく死ねるのなら、職場の60代が言うようにいつ死んでもいいかなとは思います。うちは母がいるので、母のことは最期まで見なきゃ駄目ですが。



今、精神状態は安定していて、特にツライことはありませんが、まぁ昔のこととか思い出すと、吐きそうにはなりますけど、んなこたぁ昨日今日の話でもないので、そろそろ前向きに生きたいような気もします。



どんどん歳だけとっていく今の状態ってまさしく人生消化試合で、時間がもったいないのですが、もう長らく何年もずーっとこんな感じです。



今の自分の状態を書いているだけで、ウツウツとしている訳ではありません。
これに関して、こうしようああしようなどと、微塵も思いません。それどころか、よく毎日毎日仕事行く気になるな、私・・・と、自分に感心しています。自分に激アマなのです(;・∀・)



生きていて楽しいと思っていた時もあったはずなのに、もはやそれすら疑わしい。



私と言えども1日の中で、楽しいことも嬉しいこともあるんですが、ベースがなんせ暗い。暗さが澱みたいに沈殿しているわけです。



暗い話ですか?(;・∀・)



自分的には普通の話です(´・ω・`)



でも、もうそろそろ気が済んだので、できるだけ張り切ってブログを更新していこうと思います(/ω\)



(´-`).。oO(お腹減った・・・)



応援クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ