40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

犬猫がくっつくみたいにしてくっついた

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20181111234429p:plain:w320



自分のブログを何とかしろよ・・・の話なのですが、私には推しているブログがあります。
色々考えた結果、どう考えてもヨッコちゃんは放っておけない私です。しばらくヨッコちゃんは放置プレイだったのですが、引き続きヨッコちゃんブログは推して行くことにしました。



www.umekolife.net



先日、ヨッコちゃんの優しさからか、頭のおかしなヤツがヨッコちゃんの周辺に現れたようで、もう私、「そんなヤツは放っておきなはれ」とよほどコメント入れようかと思ったのですが、コミュニケーション能力不足で入れられず(´・ω・`)



他の誰かがコメント入れるだろうとソワソワしていたのですが、誰も入れていませんでした。



はたまた別の日、ヨッコちゃんはパニクッてるけど私には分かる問題が勃発し、ソワソワしましたが、これまたコメントを入れられず。
ヨッコちゃん若いから、そういう事がたまにあるんです。
先日のニートブロガーたま君になら、「お前が若いからそう思うだけや。しょうもない事を考えるな」で良かったのですが、ヨッコちゃんにこれ入れたら、私のIPをブロックされてしまいます。



別にヨッコちゃんはコメントを求めている訳ではないのです。
私はブログやっているからその辺り分かるのですが、ヨッコちゃん精神的に辛そうやったから、コメントせなと思ったのです( ;∀;)



よし、コメントを入れてみようと、ヨッコちゃんのコメント欄にカーソルを合わせたものの、「はじめまして。私、あなたのブログを全力で推しています。私もブログをやっていますが何か恥ずかしいのでブログは秘密です」



・・・もう、これ入れた時点で、ヨッコちゃんから不審者扱いされそうな気がしたので、やっぱコメント入れるのは止めにしました(´・ω・`)



あの子、ブログの書き方が上手いから、私も当事者みたいな気持ちになってしまうんですが、妹ってあんな感じなんかなぁ。
私にはクズい弟しかおらんから、妹ってなんて可愛いんだろうとヨッコちゃん見ると思います。



そう考えると、親戚の男の子こう君の彼女も、なんか可愛く見えるもんなぁ。
でもあれって、こう君が可愛いから、彼女が可愛く見えるんだろうなぁ。
こう君の彼女じゃなくなったら、興味ゼロだもんなぁ( ´_ゝ`)



昔からこう君は、わりと彼女を紹介してくれて、今の彼女が出来た時も、紹介するからってんでご飯に連れてってくれました。
今の彼女は、こう君の友達だったので、別に今さら紹介してくれんでも良かったんですが、こう君のお母さんに橋渡し?して欲しい?みたいな感じだったので、彼女紹介するごときで2回ご飯に行きました(´・ω・`)



こう君には、「私が行ったら彼女が嫌がるやろ。絶対嫌や。行きたくない」と言ったのですが、「彼女がうめ子おった方がエエ言うてんねん」と言われてしまい、そう言われると悪い気もしないので、出しゃばってしまった私です( ´_ゝ`)



ちょっとややこしいんですよね。家族関係が(;・∀・)



私が間に入った所でなんだって話なんですけど、出席者全員、私に話を振って来とったよ。
私も含めコミュニケーション能力に問題あるヤツラの集まりだったわ(;・∀・)



こう君も彼女もこう君のオカンも、私が喋るの待ちで、彼女がトイレ行ってる間だけ誰一人喋らず、休憩をとっていました。彼女が、若さゆえかあまりトイレに行かない子で、途中で「トイレ大丈夫?」と聞いたものです。「あ、全然大丈夫っすー」と、体育会系のノリで言うてました。ホント明るくて可愛い子なのです。



こう君なんかの一体どこが良いのか、よく分からなかったので、彼女と2人になった時にこっそり聞いたりしましたが、もっともらしい褒め言葉を言っていました。
私個人的には、こう君は実の弟よりも付き合いが長く、一緒に暮らしていたもので、こう君の事を褒められると当然嬉しいのですが、こう君がちょっと頭おかしい事も知っているので、複雑な心境でした。



基本、こう君の彼女以外、無口な為、まぁまぁ地獄の会合でしたが、つつがなく終了しました。
帰り道、おばちゃんと2人で歩いていると、「彼女、アンタのこと、凄い喋るなぁと思ったんちゃう?凄いおしゃべりと思われたと思うで。ふふふふふ。」と、私をイジってきやがりました。



このオバハン・・・嘘やろ・・・



お前が喋らんから、お前に話し振りつつ、私が喋ってたんやろが・・・(;・∀・)



と思ったけど、もうおばちゃん歳なので、何も言いませんでした( ´_ゝ`)



結婚するっつーからわざわざ紹介してもらったんですが、結婚する様子もなく、クズの実弟と電話で、「こう君、結婚すると思う?」「いや、せんやろ」「やんな」という会話がなされています(;・∀・)



彼女の問題じゃなく、こう君自身の問題で、彼女もうすうす分かってるようですが、外野が何言っても仕方ないので無視しています。



今の彼女はとっても良い子ですが、こう君、私が思うに、金持ちの年上女性の方がエエと思うんですよね。金持ちの女の人はこう君みたいなん嫌いなんかな。
こう君、女性のタイプが有るようでないので、一定水準の優しさと明るささえ持ち合わせてたら誰でもエエからなぁ。貧民の私が言うのもなんなんですが(;・∀・)



今の彼女と付き合ってるって聞いた時も、お互いがお互いを選んだって言うより、圧倒的にこう君、押し切られて一緒に暮らし始めたんですよね。
そういうのって、こう君、馬鹿だから気付いてなくて、話を聞いてるとオモロイんですが、こう君が自らの選択でそうしたんじゃなくて、彼女がそういう風に持って行ったってのに気付いてないんです。



めんどくさいから言わないけど、こう君のおばちゃんと、ごくごくたまにそんな話をします。
「アイツ、ほんま誰でもエエんやな・・・(;・∀・)」とおばちゃんには言いますが、おばちゃんは、「いや、一応好みはあると思う」と言っていました。



つげ義春の漫画に、「犬猫がくっつくみたいにしてくっついた」という男女の描写があるんですけど、こう君とその彼女を見ると、毎度、つげ義春が思い出される私です。




(´-`).。oO(今日は3千字超えてしもた・・・ぐだぐだ何を書いてんだ・・・と思うけど、書いてもた・・・)




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ