40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

面倒くさい会話

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20180624100344j:plain:w320




地震があった日、仕事が1日休みになったので、
昨日も今日も仕事です。はぁ、しんどい。




昨晩もデカめの余震がありましたね(´・ω・`)




昨日、大した仕事でもないですが、
喋りながらではできない作業をしていた時に、
暇を持て余した、職場の年配女性のび太が、横から話しかけて来ました。




のび 「うめちゃん、それ大変やね。うめちゃんしかできひんのちゃう?」



私 「いや、そんなことないけど、もうしんどいから、家帰りたいわ」



のび 「そやね。なんか今日疲れたわ。私、何もしてへんけど」



キャキャキャキャキャーと笑っておられました(;・∀・)





私は、自分が作業をしている時に、
のび太が暇そうにしていても、何とも思いません。
これは、私がのび太のことがまぁまぁ好きだからです。




女ボスに同じことをやられたら、もの凄くムカつきます。






その後、のび太は、
「しんどい」から連想したのか、突然、
「あぁ・・私、今月しんどいわ。今年、全然貯金できてへんわ」
と、落ち込み出しました。




私 「・・・・・・」




私が作業しているのが、目に入っていないのでしょうか?
喋りかけられると、気が散るんですけど・・・(;・∀・)




のび太は、フリーダムなので、
単語に反応して、突然、その単語の話を始めたりします。




普通、会話のキャッチボールとは、
1つの事柄について話をし、そこから話が広がっていくのだと思いますが、
のび太は、唐突に、全く脈絡のない話を、私の都合お構いなしに話し出します。




私、作業を進めなダメでしたので、
ゴチャゴチャ話しかけてくるのび太を、ほとんど無視。




「・・・うん・・・うん・・・へー」
と、口先だけ返事していて、途中からは完全無視していました。




ふと気付くと、のび太はもう私の横にはいませんでした。
はぁ、やっと集中してできる(n*´ω`*n)




1時間ばかしして、ようやく作業が終わり、晴れ晴れとした気分でいると、
のび太はまだ暇そうにしていました。






私 「のび太さん、貯金なんかしてるん?いらんやろ。もうやめなよ、そんなん」




私、先ほどは、完全無視してしまいましたので、
ちょっと相手してやろうと、先ほどの話をむしかえしました。




のび太は、旦那さんがまだ現役だし、自分も働いているから、
結構良い暮らしをしています。
化粧品は、私が教えてやってからは安いの使ってますけど、
シャネルだなんだとデパートコスメ使う様なババァです。




マニキュアなんかは、高いトコのは、付けると凄く綺麗だけど、
正直、のび太とか私が使っても、あんま意味ない気がすんのよね(;・∀・)




のび 「貯金はせなあかんやろー」




私 「フーン」




ここで私、突然、この話がどうでもよくなったので、
恐らくのび太もだと思うのですが、
2人で、無言でボーっと突っ立ってしまいました。




2人とも、わりとボーっとしているので、よくある風景です。
特におかしい話でもないのです。




すると、それを聞いていたA子さんが、
「えっ、えっ、急にどうしたん!何で急に無言になったん? えー!びっくり!!」
と言い出しました。




(´・ω・`)




私ものび太も、うるさく突っ込まれるのが面倒くさいタイプです。
たいした事でもないのに、騒ぐ人に対応するのが、メンドクセーのです。




A子さんの事が嫌いとかではないですが、ちょっと意地悪な人ではあります。
たまに、私ものび太も嫌なことを言われますが、
昨日は、嫌なことを言われたわけではありません。




でも、糞どうでもいい事を突っ込んでこられて、メンドクセーなぁとは思いました(;・∀・)




そもそも、「どうしたん?」と言われても、
どうもしないのです。




突然、話すのが面倒になったと、本当のことを言った所で、
また、それに対して、あーだこーだA子さんに言われるのが面倒なのです。




のび太は、急に忙しくなったフリしてどっかに行ってしまい、
私は、A子さんに、「次にやる仕事のこと考えてたから、ちょっと無言になった。えへへー」
と、取り繕ったことを言いました。




A子さんは、「えーもう!ビックリしたー!突然、無言になるからー!!」
と、大きな声でゴチャゴチャ言っていました(´・ω・`)






うるせぇ・・・めんどくせぇ・・・






別に、何も嫌なこと言われたわけじゃないのに、
私は、このどうでもイイやり取りが、面倒くさいタイプなのです。




のび太の逃げ足の速さにも毎度毎度、イラつくのです(;・∀・)
アイツは、面倒な対応をしなきゃならない時に、私になすりつけてくるのですが、
私も、のび太になすりつける時あるので、お互い様なのです。




今日、思い出してみると、突然無言になって立ちつくしたら、オカシイと思う人いるか。
そりゃそうだ。
今は、そう思うんですけど、なんか昨日は面倒だったんです。




その後、A子さんがいなくなってしばらくたってから、
またのび太と、最近よくする会話をしました。




のび 「あぁしんどい。誰かに迷惑かける前に死にたい」



私 「まったくもってその通りやわ。」



のび 「何も楽しいことないわ」



私 「こないだ高い寿司食べに行ってたやん」



のび 「あんなん何も楽しくない。うめちゃんは、何か楽しいこと見つけなアカンよ」



私 「お金ないから無理」



のび 「ハァ、どうやったらお金増えるんやろ」




近頃、この会話を度々するので、
もういい加減、のび太といえども覚えてるんじゃないかと思うのですが、
たぶん、今日もまたこの会話すると思います(;・∀・)




ほんと、今日、こうやってブログに書いてみると、
のび太との、この糞どうでもいい繰り返しの会話の方が、
よほど面倒くさいというのに、何故、A子さんにちょっと突っ込まれたことが
面倒だったのか、自分でもよく分かりません。




のび太には、何言ってもイイ気楽さがあるけど、
A子さんには、何言ってもイイわけじゃないからかなぁ。
ちょっと身構えてるのかなぁと思います。




でもA子さんは、別に嫌な人とかではないのです。
話していて面白い時もあるのです。




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ