40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

人が撮った写真は見たくない

スポンサーリンク

昨日、業者のオッサンと雑談していまして、
おもむろにスマホを取り出され、超絶ビビったド貧民です。



今日は一体、何の写真を私に見せやがるおつもりですか・・・



オッサンが画面を開ける間、
私、死んだ目でオッサンの手元を見ていました。


・・・あ、ヤバい。目が死んでる。
・・・ヤバい。口角上げよ。


口角上げました。
でも、目は死んでました。


今から、地獄の時間が始まるのかと思うと、
ため息つかないようにするので精一杯でした。



私、写真を見せられるのが大の苦手なのです。
私もこのブログで写真をアップしておりますので、
自分の事は棚にあげて申し訳ないのですけど、
人が撮った写真は、見たくないのです。



犬猫の写真、
孫子の写真、
自宅の写真、
風景の写真・・・・・。



さぁ、今日はどれを私に見せるおつもりですか。



はい、来ました。
風景です。草花の写真です。
業者のオッサンは、風景写真が大好きな60代男子なのです。


最近スマホに変えたらしく、嬉しいのでしょう。
来るたび私に写真を見せやがります。



いやもう・・・私、知らん。
「花びら1枚1枚綺麗に映ってるやろ?」とか言われても、私、知らん。


「この花なんだったっけ?」って・・・
いや、私、ホント知らん。


私  「レンゲかなぁ?」
オッサン 「あ、ちゃうちゃう。それ、コスモスやったわ」
私  「あ、コスモスかぁ。あはは。」


マジか。私。
何がおもろいねん。




一眼レフで撮った写真を、スマホでさらに撮影。
それを私に見せてくれるのですけど、
もう、何がなにやら・・・。
せめて、その一眼レフで撮ったのを見せてほしい・・・


いや・・・一眼レフもキツイ・・・。
なにがなんでも、人が撮った写真は見たくない。




何かの情報が欲しい時に、ググって写真が出てくるのは、もちろんアリで、
むしろ、写真載せてくれてて親切だなぁ助かるなぁと感じるのですが、
個人の写真コレクションを見せられるのは、超絶イヤなのです。


どっかに出展してるようなプロ級?かなんかの人もいますけど、
その人の写真も、超絶イヤなのです。


ルミナリエ(神戸のイルミネーション)の写真なんかも、もう本当に辛いのです。
あんなもんは、行って見るからいいんであって、
写真で見た所で、なんだというのだ。


でも私、関西でしょ。
毎年、絶対誰かが行くものですから、
毎年、絶対ルミナリエ見るんですよ。写真で。


綺麗ですよ。そりゃ。
でも、何も覚えてない。
一切私、覚えてない。
こないだも見せられたけど、何一つ覚えてない。
どんなんだったか、全くその写真の記憶がない。




そもそも見たけりゃ、私、ググるから。
自分でググるから、大丈夫なのです。


例えば、うーん・・・装丁の綺麗な本の写真コレクションとかなら、見たいな。
あと、魚の写真も見たい。深海魚もイイ。
でも、それ以外は大丈夫。
私、ググれるタイプの人間だからホント、大丈夫なんです。




なんでみんな、どっか行ったら写真とって、それを見せようとするんだろ。
見たい時は、私、見せてって言うじゃん。
見たいって言わない時は、私、見たくない時じゃん。


それを察してくれってのは、無理なのはまぁ分かる。
見せられりゃ付き合いますけど、
3枚までにして欲しい。
20枚以上は、さすがに私、無理だ。


見たけど。
昨日は、20枚以上見たけど。


満身創痍でしたよ。私。





今度オッサン来たら、「私、ググれるから写真見なくて大丈夫」って言ってやろうかしら。
・・・・・いや、言わん言わん。私は言わん。
私、そういう酷いこと言えないタイプ。だからブログで言ってるのです。




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ