40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

嘘みたいな泣き方

スポンサーリンク

先日、入院中の友人のお見舞いに行って来たのですが、
思っていたより顔色が良くて元気そうでしたので、ちょっと安心したド貧民です。


保険金がけっこう入るらしく、友人は個室に入院しています。
私が住んでる部屋より豪華でした(;・∀・)




お見舞いの日は、友人のお母さんが、うめ子の顔見てから帰るっていうので、
病室で待っていてくれてました。


私、友人とおばちゃんの顔見るなり、泣いてしまい、
それ見ておばちゃんも泣いちゃったもんだから、
私とおばちゃん、2人で泣いてしまったんですけど、
友人は、隣でゲラゲラ笑ってました。




友人「お母さん、私が診断された日、嘘みたいな泣き方してん。
   あんな泣き方する人初めて見た。マジで崩れ落ちてん。あれ思い出したら凄い笑えるー」



って、爆笑してました。


んで、この嘘みたいな泣き方って言うの、私も面白くて笑ってたんですけど、
おばちゃん横で、「もう、この子はまたこんなこと言って」ってプリプリしてました。




でも、ホントに悲しい時って、
自分でもびっくりするぐらいドラマみたいになるんですよね。
友人言うところの、嘘くさいというか。
今思い出すと。


私、「うえーん」って言って泣いたんですもん。
うえーんって言って泣くことって、あんま無いじゃん。
でも、友人から病名聞かされた時、そう言って泣いたんです。私。


嘘みたいでしょ。
なんなんでしょうね。




んで途中でおばちゃんは家に帰ったので、
「アンタ、せっかく来たから、ゆっくりして行き。
 私食べられへんけど、売店でお菓子でも買って来たら?」
と友人が言うので、ゆっくりして来ました。


手術のこと聞いたり、
予後のこと聞いたり。


術後も色々大変みたいで、考えると可哀相で仕方ないんですけど、
MRIの結果が良かったみたいで、転移も無さそうって先生に言われたらしく、
ちょっと安心しました。




友人の顔見て安心した私、売店でアイス買って、くつろいできました(;・∀・)
友人食べられないから、自分の分だけ。
「あ、結構美味しい」って言いながらアイス食べて帰ってきました(;・∀・)


一応お見舞いは包んで持ってったけど、
今度は、友人が飲めそうな物でも持って行こうかなと思います。




顔見ると、ちょっと安心しますね。
しばらく入院してるので、また行こうと思ってます。


売店に美味しそうなお菓子売ってたから、今度あれ食べよーっと。


ホント、私は何しに行ってんだ・・・・・(;・∀・)




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ