40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

上辺だけの会話は疲れる

スポンサーリンク

駅を降りて、会社への道のりを歩いていると、
私の10歩先に、会社の男の子が歩いていました。


あ、あの子や・・・
おはようございますーって言おうかな、どうしよかな・・・
などと考えるまでもなく、私の選択肢は、声をかけない一択なのです。



 私 「おはようございますー」
 男 「あ、おはようございますー」


 私 「今日、寒いなー」
 男 「ほんまっすねー。昨日の夜マジ寒かったっす」


 私 「こないだ、ホワイトデーありがとうなー、あれ美味しかったわー」
 男 「あ、まじっすかー。嫁が買ってくるから俺分からないんすよー」


 私 「嫁、面倒がってない?大丈夫?」
 男 「いやいや、めっちゃ喜んでますよ」



これ、私の想像内での会話。
実際の所、どういう会話になるかは分からんけど、
99%当たってると思う。



もうだいたい分かってんのよ。
私が何言うか、相手が何言うか。
上辺だけの会話しかしねぇから。



だもんで、より一層、下を向いて、
その子の後ろをピッタリくっついて歩いて、会社に行きました。


私が後ろにいるなど、よもや考えてはおるまい・・・


どうせ声かけた所で、会社に着くまで、
上辺だけの糞どうでもいい会話をするぐらいなら、
声などかけぬ方がマシだ・・・



朝は特に、みんな前しか向いておらず、振り向いたりしないので、
私の行く先に会社の同僚がいたとしても声をかけません。


帰りは帰りで、帰り道が同じ方向の人がいたとしても、
私は、時間を遅らせてでも一緒に帰りません。
少し時間をずらして、その人の後ろをピッタリくっ付いて帰っています。


私は、会話をしない努力だけは、誰よりもしているのです。



でも、声をかけてくる人もいるので、
この人は、上辺だけの糞つまらない会話だろうがなんだろうが、
私に声をかけるだなんて、きっと、とてもイイ人なんだ・・・
とても大人なんだ・・・とても社会人なんだ・・・
私は、いつも感心しています。



上辺だけの会話が嫌なんじゃなくて、
だいたい、会社での話しなんて、上辺だけの話がほとんどですし、
そもそもそういう関係しか築けない私自身に問題があるわけで、
それはそれで良いのですけど、
なにせ、話したくないのです。



疲れるから。



上辺だけの会話は特に疲れるのです。


んで最近私、ブログやってるから、もう余計に話したくない。
話したいことは、ブログに書いてるから、私、満足。
私の会話欲、満たされまくってる状態。
会話してねぇけど。



駅で母を見たこともありますが、私は声をかけませんでしたし、
電車のつり革持った目の前に、たった1人の友人が座っていたこともありますが、
声をかけませんでした。



ブログ書いて、息をするだけで精一杯の状態なのです。




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ