40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。2019年給料が上がり月給18~20万前後になりました。

グランメゾン東京が面白い

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20191127233033p:plain

 

良い子のみんな、お姉さんだよ。

みんなは、キムタクのドラマ「グランメゾン東京」は見ているかな?

 

お姉さんは途中から見始めたんだけど、なんだかんだで最新6話目は、号泣しちゃったよ。てへ。たぶん、玉森くんと思われる人が、ものすごく可愛い。お姉さんは恐らく初めて玉森くんを見たんだけど、玉森くんに夢中だよ。通報しないでね。ひそかに想っているだけ。誰にも言ってない。

 

 

お姉さんが本当にお姉さんだった頃は、何見たって泣いたりしなかったんだけど、お姉さんがお姉さんでは無くなった頃から、お姉さんは、若者が頑張っている姿に、とても感動するようになったんだ。

 

お姉さんがお姉さんでは無くなった頃って言われたって、良い子のみんなは、意味不明だよね。だって、お姉さんは、お姉さんだもんね。ややこしい話をしてごめんね。ちゃんと付いて来れてるかな?

 

 

「グランメゾン東京」というドラマは、キムタクというスターが出ているドラマなんだけど、みんなはキムタクを知っているかな?知っているよね?

 

最近の小学生事情は、お姉さんには全く分からないけど、キムタクのことを知らないのは、お姉さん、ちょっとビックリしちゃう。みんながまだ小さいと言っても、キムタクのことは知っておこう!

 

 

お姉さんがきみたちぐらいの時には、お姉さん、金田一耕助が大好きだったんだ。お姉さんは、本気で金田一耕助と結婚したいと思っていたんだ。

 

お姉さんの昔話が始まる・・・と思って、せんせんきょうきょうとしたお友達はだれかな?きみたちが大人になったら、世の中はお姉さんみたいな人が多いと覚悟をしたほうがいい。

 

ウィットに富んだ会話など皆無だと覚悟をした方がいい。そもそもウィットに富んだ会話をされて、きみにきちんと返せるのか。お姉さんは、ウィットに富んだ会話をするやつが苦手なんだ。でもアメリカンジョークは大好きなんだ。ややこしい性質のお姉さんでごめんね。

 

お姉さんの昔話ほど聞きたくない話なんてないことは、お姉さんだって知っている。お姉さんだって、たにんの昔話なんて聞きたくない。でも自分はやっちゃうんだ。

 

ちなみに小さいお友達の昔話も聞きたくなんてない。きみにとっての昔は、お姉さんにとって、つい昨日の話なんだ。昔でもなんでもねぇ。

 

ごめんごめん。金田一耕助のお話をするね。きみたちの目が死んでいるのは知っているけど、お姉さん、ずっと読者ゼロのブログをやっていたから、全く気にならないよ☆

 

 

金田一耕助は、もの凄くおくてで、もしそうなった場合に、私自身、右も左も分からないおぼこ娘なのに、金田一耕助は、ちゃんとしてくれるんだろうか・・・と小学4年生のころに、お姉さんは一人でなやんでいたんだ。

 

突然何言い出してくれてんだ、このババァ・・・

と思ったお友達は誰かな。このブログにババァはいない。お姉さん。

 

こんなこと、誰にも相談なんて出来なかったんだけど、お姉さんは、もしそうなった場合のことを本気で考えていたんだ。

 

その後好きになった人は浅見光彦だけど、浅見光彦もおくてだったから、お姉さんはその時もすごく悩んだんだけど、あんがい、浅見光彦は、けいけんがあるのではないか・・・という結論に達したんだ。

 

直接的な描写は無かったけど、「ん?浅見光彦は、そういうけいけんはしてるってこと?」って思ったから、浅見光彦とは、もし万が一そういうことになっても大丈夫だと思ってたんだ。

 

今、お姉さんは、30年以上も昔の、じぶんの妄想話をしているんだけど、付いて来れているかな?

 

お姉さんは、子供の頃から、すごく心配性だったんだけど、そのわりには今、つなわたり人生を送っているよ☆

 

 

話がそれてごめんね。

いよいよグランメゾン東京のお話をするね。

 

話の筋は、ありがちと言えばありがちな話なんだけど、すっごく面白いんだ。俳優陣が豪華っていうのもあるけど、週刊誌のゴシップ記事通り、キムタクがキムタクとして出ているドラマなのね。

 

キムタクは、何を演じてもキムタク・・・ってよく週刊誌なんかで言われていて、それに関してはお姉さんもそう思うんだけど、キムタクにはいつまでもスターでいてほしいと思っているから、お姉さんは、キムタクがキムタクでも全然かまわないんだ。

 

キムタクはずっとスターで、本当の本当にすごい人なんだ。

 

でも、お姉さんちょっと思い出したんだけど、「あすなろ白書」の時のキムタクって、今みたいな感じじゃなかったと思うのね。

 

いつの間にか、キムタクがキムタクとしてドラマに出ている感じになっちゃった気がするのね。演技力っていうより、スターだから仕方ないのかな?とも思ったりするよ。

 

 

良い子のみんなは、「あすなろ白書」って言ったって当然分からないよね。柴門ふみという人が書いた漫画の同名ドラマなんだけど、きみたちがもう少し大きくなって漫画を読むようになると、作品そのものよりも、柴門ふみと旦那さんの弘兼憲史の2人が、どんだけ儲かっているのか・・・どんな家に住んでいるのか・・・ということの方が気になってしまうと思うのね。

 

「黄昏流星群」を読んでいても、気もそぞろになると思うんだけど、大丈夫。それはきみだけじゃない。お姉さんも一緒だよ。

 

お姉さんと一緒は不安って、どんだけー

 

いま、キョトンとしたおともだちは誰かな?

 

まさか、どんだけーを知らない・・・なんてことはないよね。ティーティティーティティティティーって、きみたちが狂ったようにティーティー言っているのはなんとなく知っているよ。

 

もしかして、ティーティーの流行はもう過ぎた・・・なんてことはないよね。お姉さんにとったらつい昨日のことのようだけど、きみたちにとったらティーティー言ってたことなんて、一昔前になるんじゃなかろうか。

 

どんだけー

 

お姉さん、きみたちのことをあなどっている訳じゃないんだけど、きみたち相手には好き放題書けるなぁ・・・と思っているよ。

 

 

(´-`).。oO(来週もグランメゾン東京、ものすごく楽しみです)