40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

昨日の仕事の話

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20181207234535p:plain




近頃、夜は虫と格闘中でゆっくり落ち着いて寝ていられない繊細な私、昨日は会社でゆっくりタバコ吸ってから仕事しよ・・・と思い、早めに出社しました所、会社に着いて早々に、すでに来ていた年配女性のび太に話しかけられました。



の 「うめちゃん、こないだ私、間違っちゃってね・・・」 
特に悪いとも思っていないのび太です(;・∀・)



話を聞くと、また間違っちゃったようです。その間違っちゃったことに関して、業者のAさんから朝一、私宛に連絡があったようで、私宛に電話があったということにちょっと憤慨していました(;・∀・)



自分のミスに落ち込むっていうより、自分のミスに関して私に電話されたのが嫌だったようです。知らんがな( ´_ゝ`)



の 「私じゃ分からんと思って、うめ子さんいますか?って言われてん」 



私 「あぁそう」 
のび太が訂正するとまた間違うかもしれないからしゃーないやん・・・と思っている私です



の 「私、何も出来ひんと思われてるんちゃうか( ´_ゝ`)」 ちょっと憤慨



のび太がミスった箇所がFAXされていたので、確認。Aさんに電話する前にのび太に、「この場合はこうせなあかんで・・・」と一応教えてみましたが、たぶんまたミスると思う。訂正する方が時間かかるので、面倒くさいのよね(´・ω・`)



私 「Aさん何で、のび太さんじゃ出来ひんって知ってるん?私宛に電話あってんやろ?」 
素朴な疑問



の 「私が出来ひんってことが知れ渡ってるんやろ(´・ω・`)」 



私 「いや、向こうものび太さんがそれ出来ひんでもしゃーないと思ってはるやろ。もうのび太さん老人・・・じゃなくて、老婆やんか」 
もはや慰めているのかディスっているのか分からぬ私です(;・∀・)



その訂正作業が出来なかったからって、のび太が仕事出来ないという話では無くて、ちょっとPCを使うのでのび太が理解できないだけの話です。のび太がよく働くのは向こうも知っています。大した話ではないですし、のび太自身も落ち込んでなどいません。



訂正作業せなアカン私にもうちょい悪いと思えよ(;・∀・)
・・・と思うけど、まぁええわよ( ´_ゝ`)




訂正に時間をとられてしまうので、ミスらんといて欲しいとは思っていますし、のび太がミスった内容が100回以上注意していることだったら私もイラっとするんですが、今回は、まだ50回ぐらいしか注意していないことでしたので、そんなにイラっとしませんでした。



ただ、いつもやり取りしているBさんが私宛に電話かけてくるのならまだ分かるんですが、たまにしかやり取りしないAさんから電話があったので疑問でした。



なんでAさんやったんやろ・・・?と思っていると、午後からBさんが所用でやって来たので、あれこれ無駄話。私が思っている以上に、こっちの社内事情が知れ渡っているというか、各人の性格もなんとなく把握されている様子でした。



のび太の話はともかく、ウチの女ボスに先日、ゴタゴタ言われたようで、Bさんと2人で爆笑。うちのボスはすぐパニクるのでBさん苦笑。Bさんも私も直接何かを言ったわけではありませんでしたが、少しだけBさんと心が通じ合った気がしました。・・・いやまぁ気のせいです。私もBさんにキツク言うことあるもの( ´_ゝ`)



なんとなくの取引先の人物像などの様子は把握しているようですので、一時の気の迷いなどで女ボスみたいに当たり散らしたりせんとこうと思いました(;・∀・)




(´-`).。oO(朝から虫対策してたら遅くなってしまいました。仕事行って来ます(´・ω・`)