40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。2019年給料が上がり月給18~20万前後になりました。

疲れてる時の小咄はいつもより面白い

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20181210113741p:plain:w320



本日お休み、10時過ぎまで寝てしまいました(/ω\)
8時間ぐらい寝たけど、スッキリしたかと言うと決してそんなことはなく、ボーッとしています。



仕事疲れた。家事にも疲れた。
色々疲れた( ´_ゝ`)



今も疲れとる( ´_ゝ`)



疲れがとれん。
でも今から掃除よ。
今月のお休み中の掃除スケジュールをこなして行かねばなりません。



布団カバーを真冬用にしたり、冷蔵庫の中身出して洗ったり、普段の掃除もせなアカンし、暇だけど忙しい私です(;・∀・)



昨日は仕事が死ぬほど忙しかったのですが、職場の年配女性のび太がちょいちょい話しかけてきました。
あの人、私が忙しい時は、私のことを褒めにやって来ます。
本当は女ボスがそれせなアカンと思うんですが、何故かのび太が褒めてくれます。



女ボスは、私に、自分がいかに忙しいかを愚痴っとったけど、誰が見ても私の方が忙しいのに、よく言えたものだわ( ´_ゝ`)



仕方ないので、クソ程しんどい中、女ボスを持ち上げるという余計な仕事も増えてしまいましたが、もうホント、給料上げろよ・・・
何やってても、馬鹿馬鹿しくなります( ´_ゝ`)



もう、のび太に褒められようが何しようが、こんだけ給料安かったらモチベーションなど上がりません。褒められて嬉しいとか全く無いのです。
給料アップ以外にモチベーションが上がることなどありません。



でも、何も分かってないのに、訳の分からん嫌なこと言う人も多いじゃん。
そんなこと言う人に比べたら、のび太は褒めてくれるから、私、やっぱり好きなのです。
昨日は忙しすぎて、ほとんど聞いてなかったけど、とにかく1日中、褒めてくれとったし、私が何も言わんでも簡単な作業はやってくれとった。珍しい( ´_ゝ`)



んで私がちょっと一息ついた時に、のび太が横に寄って来ました。
「うめちゃん、凄いねー。やったねー」と、褒め言葉もなんか少しずれていましたが、「やったね?って??」と突っ込むのもメンドクセーので、一度も突っ込んだことはありません。まぁそれはともかく(;・∀・)




あまりに疲れていて何を言われたか忘れたのですが、のび太が何かを言って私が爆笑していると、唐突にのび太は、スーパーの外で見かけたお爺さんの話をしました。



たまにスーパーでそのお爺さんのことを見かけるんだって。60半ばののび太が「お爺さん」ってことは、たぶん80超えてるのかな?




の 「てく・・・・・てく・・・・・・てく・・・・・てく・・・もうめっちゃ歩くのゆっくり!キャキャキャキャキャ」


お爺さんは、1歩踏み出すのも、もの凄く時間がかかるんだって。それをのび太は私に、実演しながら教えてくれました。
私、忙しいねんけど、今その話聞かなアカンか・・・(;・∀・)



私 「言うてる間に、自分もそうなるじゃん。ワロテる場合ちゃうやん」 お爺さんのことワロテるけど、のび太もたいがいスローリーですけども(;・∀・)



の 「もっとゆっくりやねん!私が買い物終わらせて外出ると、まだスーパーの中に入って来てなかってん!!」


どうやらのび太はお爺さんをスーパーの外で見かけたらしいのですが、のび太がスーパーに入店して、買い物を終わらせて外に出ると、まだお爺さんはスーパーに入店できていなかったんですって。



私 「あはははははははは ( ;∀;)」 私、ほんま疲れてたんでしょうね。何がオモロイねん・・・(;・∀・)



の 「うふふふふふふ ( ;∀;)」 涙流してお爺さんのことを笑う、嫌なのび太(;・∀・)



私 「えっ、でも、のび太さんも遅いのに、買い物終わらせてもまだ入店できてへんって、お爺ちゃん、めっちゃ遅いやん」



の 「私、買い物は早いのよ。ターーッと買い物するから」 買い物早くできるんなら、仕事も早くしろよ(;・∀・)



その後、奥さんに先立たれて、1人で買い物に来なきゃならないんだ・・・とか、誰か買い物頼める人いないんだろうか・・・とか、お爺さんの身の上について、2人であれこれ詮索しました(;・∀・)



高齢者問題を2人で議論している時間など私にはありませんでしたので、のび太がお爺さんの身の上について同情しているのを尻目に、私は仕事に戻りました。



私ものび太も、お爺さんについて、勝手に可哀相なシナリオ妄想してたけど、お爺さんに直接聞いてもないのに分からないじゃん(;・∀・)
散歩がてら、歩くのが遅くてもスーパーに買い物に来てるのかもしれないしさ。



のび太の話は私にとったらいつも面白いのですが、中身が無いので、いつも忘れてしまうのです。
ブログに書こうと思うんですが、いざ書こうとすると忘れているので、これからはメモろうかなぁとも思うけど、メモる前にすでに忘れてしまいます。



メモってまでブログにアップするような内容では無いのですが、全世界にのび太の可笑しさを発信したいような、したくないような、微妙な気持ちです。
もっと他に、有意義な内容の更新はないのか・・・と考えたりするけど、無いのよね(;・∀・)




(´-`).。oO(忙しくても暇でも、ブログの更新がとどこおってしまいますが、精神的にも肉体的にも丁度良い日ってのがなかなかありません)