40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。2019年給料が上がり月給18~20万前後になりました。

【青空文庫】渡辺温「ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった」

スポンサーリンク

スマホを手に入れたので、仕事の行き帰りに青空文庫を読んでいます。

 

同じ作家ばかり読んでしまうので、読んだことない作家を読もう・・・と思わんでもありませんが、読んで好きじゃなかったら嫌なので、同じ作家ばかり読んでいます。そして同じ話ばかり読んでいます。

 

「あ、これ、読んだことあるやつだ・・・」と、読み始めるのですが、びっくりするぐらい覚えていないので、結末に驚いたりします。

 

「あ、この話、覚えてる。最後ビックリするやつだ・・・」と思って読み始めたものが、全く波風立たない結末を迎えました。内容に驚くというより、自分が思っていた結末と違っていて驚く・・・という感じです。

 

まぁ、そういうこと多々あるわ、私。あんま覚えてないのよね(;・∀・)

 

ホントは私みたいなもんが本なんて読んだって仕方ないんじゃないか・・・と思うけど、暇なので読んでいます。

 

さて、昨日からは渡辺温を読んでいます。

 

早世の天才と言われている作家で、作品はおそらく全てが掌編です。代表作は以前にもブログに書いた「可哀相な姉」と、「アンドロギュノスの裔」になるのかな・・・?

 

渡辺温は、雑誌「新青年」で横溝正史の右腕として編集にたずさわっておられましたが、谷崎潤一郎の原稿を取りに行った帰りに事故で死去。30にもならない若さで亡くなられました。実兄の探偵小説家、渡辺啓助は長生きされて、たしか100歳以上まで生きられました。

 

渡辺温を探偵小説家に括ってよいのかいつも悩みますが、一応探偵小説家なのかな・・・?

 

「着地点そこなんや・・・へぇぇぇ・・・」ってなる作家さんです。これを20代が書いたって言うんですからスゴイなぁと思うんですけど、だいたい作家ってそうか。20代どころか10代でもエエもん書いてる人いますものね。

 

渡辺温は好きなのですけど、私は感想が下手なので、良さは伝えられません。

病院の待ち時間とかに読んでみてね(´・_・`)

 

 

青空文庫→作家別作品リスト:渡辺 温

 

 

アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)

新品価格
¥14,122から
(2020/2/8 00:48時点)

ついでにアマゾンで渡辺温の文庫本も貼り付けておこう・・・と思い検索すると、「アンドロギュノスの裔」が何故か値上がりしていました。重版してないのかな?装丁はクラフト・エヴィング商會です。

 

 

アンドロギュノスの裔 (1970年)

中古価格
¥6,987から
(2020/2/8 00:51時点)

こちらは上の本よりも昔に、薔薇十字社から出版された「アンドロギュノスの裔」です。装丁はこちらが良いです。

 

 

今日のブログのタイトル、「ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった」も、青空文庫で読めます。このタイトルもイイですよね。タイトル通りの話なんですけど、物語の終わりがやっぱり渡辺温っぽいような、そうでもないような(・・?

 

 

(´-`).。oO(「月は無慈悲な夜の女王」とかも邦題がいいじゃんか。本のタイトルってたまに気になるヤツあるよね)

 

 
応援クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ