40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

GW4日目も仕事の私

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20190205224501p:plain




ゴールデンウィーク4日目ですね。皆様におかれましてはお休みを満喫中でしょうか。



私は昨日もバタバタと仕事をしていて、さぁ休憩行きましょかね・・・と思っていると、年配女性のび太が自論を展開してきました。



どうすれば職場が良くなるのか・・・というような話ですが、この話、私に言うてもしゃーないのよね。女ボスに言わんと。



だけども言うたら最後、ブチ切れる訳ですから言えない。よって私に愚痴る・・・というカンジです(;・∀・)



のび太はおとぼけババァですが、真面目なのです。私も真面目ですが、のび太とはベクトルが違います。私は真面目な人が好きなのです。



ふんふん、のび太の話を聞いていましたが、途中で飽きてきたので休憩に行くことにしました。



私 「はぁ、お腹すいた・・・」 そんなにすいてなかったけど、口癖のように言っています。いやしい私です。



の 「・・・あっ、私、お菓子持ってる」 バッグをゴソゴソ



私 「・・・・・」 お菓子出てくるのを待つ私



の 「はい。これ友達にもろてん」 



私 「・・・・・」 どこのお菓子かチェック



私 「わぁのび太さん、ケーニヒスクローネじゃーん(/ω\)」 百貨店クオリティのお菓子に喜ぶ貧民です



私 「えー、その友達、紹介してー。どこの人ー?」 私もそんな友達が欲しい



の 「・・・・・」 どう返事して良いか分からんって顔してました。そりゃそうだ(;・∀・)



私 「近所に住んでる人?えー嬉しいー紹介してー」 紹介してもろてどうする気よ



の 「うん、近所の子」 グルメババァなので、ケーニヒスクローネでは動じないのび太です



私 「のび太さん、知り合いいっぱいいるなぁ(/ω\)」 尊敬のまなざし



の 「そうやねん。いっぱいおんねん」



びっくりするほどどうでも良い会話でしたが、何故か半笑いの我々です(;・∀・)



エエ歳のオバハン(うち1人は老婆)2人でやる会話じゃねーからね。ワロテまうのよ2人とも。ほんまアホかと思って、自嘲気味にワロテまうのよ(;・∀・)




休憩中、のび太に貰ったパイを食べると少しだけ元気が出ましたが、食べる数秒間だけの話。パイが口から消え去ると、明日も仕事か・・・とまた絶望感でいっぱいになりました。



これからまた仕事して、スーパー寄って、家帰って、風呂入って、台所掃除して、寝て、また仕事か・・・(´・ω・`)



なんの楽しみもねーわ( ´_ゝ`)




(´-`).。oO(今から仕事行ってくるね。アナタはゆっくりしてね。私が馬車馬みたいに働いてても、アナタはゆっくりしてね(´・ω・`)




応援クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ