40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

可哀相な姉

スポンサーリンク

渡辺温という、横溝正史の右腕として編集をしていた作家がおりまして、
その方の代表作に「可哀相な姉」があります。


渡辺温はモダンな作家・・・だと思うんですけど、
どういうつもりでこの作品を書いたのか、
私は読解力がなくて本当の所は分かりません。


「この弟、クズすぎてすごい!」という感想は間違ってそうですが、
まぁ、ろくでもない弟と、哀れな姉の話なんです。
短編ですので、青空文庫でサラッと読めます。




そんで、えーっと、
私、「可哀相な姉」という記事を書こうかどうしようかと思ってまして、
本の紹介ではなくてですね・・・。


私にも弟がおりまして、この人、私と母の暮らしにほぼ関りがない上、
弟の事、どう書いていいか、ちょっと私が悩んでいたので、放置してたんです。


悪口三昧書いてもいいけど、それだと私が思ってる事とちょっと違うしな・・・
でも、今の感情で言えば、弟には「クズ」という感情しかないしな・・・


と、ホント、どうでも良い事悩んでて、
弟がいてもいなくても、私の暮らしが変わる訳でもないので、まぁいいかと放置してたんです。


んで、自分の弟の事を思い出す度、「可哀相な姉」が頭をチラつくもので、
弟の事を書くとすれば、記事タイトルは「可哀相な姉」にしようと思ってたんです。


うちのクズは、たぶん世間様でいう所のクズよりマシです。
借金もたぶん200万弱ぐらいだったと思います。


んで、薄給ですが、ちゃんと働いて一人暮らししています。
その上私は、クズの事が大好きなんですね。


これが世間一般的なクズと一線を画していると思うんです。
私も母も、うちのクズが大好きなんです。


クズの事見てたら、笑っちゃうんですよ。
クズすぎて・・・というより、アホすぎて。
アホとか賢いってのは、勉強できるできないの話ではないんです。


「え?そこ?そんな事で悩んでんの?」って事で悩んだりするので、
私、自分との感覚の違いに笑っちゃうんです。




2年ほど前に、クズと生まれて初めて大喧嘩したもので、
ここ2年会ってないんですけど、たまに電話がありましてですね、
まぁたいがいお金の話なんですが、ぼちぼちうちのクズの事も書いてみようかと思います。





クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ