40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。2019年給料が上がり月給18~20万前後になりました。

死んだら立ち直れないぐらい悲しいけど、いつ死んでも良いと思っている

スポンサーリンク

いつの間にか介護ブログになっていますけども、本日も介護のお話です。

 

親戚の婆さんの介護が始まってそろそろ2か月?3か月?

 

仕事が休みの日を介護の手伝いにあてていて、仕事がある日は市役所に電話したり、病院に電話したり、婆さんの娘(エエ歳のオバハン)に電話したり・・・しています。

 

1発で終わらせよう・・・と思っていても、婆さんの状況が変わると、聞かなあかんことが出て来たりして、市役所や病院に電話することがとっても多いのよね。埒があかなくて、直接聞きに行く事もあります(´・_・`)

 

 

・・・と言っても、私が倒れたら全員が困ります。全員、何がどうなっているか、把握しているようで把握できていないからです。私が疲れたら全員が困りますので、私は介護に行かない日もあります。自分に優しい私です(;・∀・)

 

 

その場その場で、病院の先生に確認してくれりゃー良いのですが、私が病院に行けない日などは、オバちゃんに任せるしかない状況で、医師に聞いて欲しいことを事前に伝えておかねばなりません。

 

我が親のこと、なぜ、私が言う前に疑問に感じないのか不思議ですが、よく考えたら、うちの弟もそうなのよね。一から百まで言わなあかんのよ。でも男の子はしゃーないじゃんか。もうエエ歳のオッサンだけども(;・∀・)

 

放っておいたら、あっちの病院に行って、こっちの病院に行って・・・と、しんどい方法を取る可能性もあるため、全部言っておかねばなりません。

 

例えば、A病院だけで済みそうな場合、B病院に行かなくて済むようにした方が良いのに、AもBも行く選択肢を取る場合があるのです。

 

病院ぐらい連れて行けよ・・・とお思いでしょうが、最早、寝たきり状態の婆さんです。身体が痛くて座っていられない上に、死にそうな声で「痛い」だの何だの言って来ます。オムツをはかせても意味が無く、15分に1回はトイレに連れて行かねばなりません。便座に座らせようと思うと、婆さんを担がねばなりません。1か所の病院に連れて行くのにも、わりとヘトヘトになります。

 

一応、婆さんの今の状態と直近の予定なんかは、母や弟たちと共有できていますが、主介護者であるオバちゃんでさえ、全てのことは把握できていません。婆さんの状態は全員分かっていますが、役所の手続き関係が絡んでくると、「それを選択したら損になる」ということが理解出来ていません。

 

だもんで、私が倒れたら、全員が困るのよ。それは分かっているので、弟や弟分は、たまにしか着信拒否をしません。たまに着信拒否をしますが、しばらく日数をあけると、なんとか連絡が取れます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

現状、介護する側の人間は5人です。よそのお宅より多目だけど、実質人数で言えば3人ぐらいよ。

 

娘であるオバちゃん、うちの母、私、弟、弟分ですが、弟たちは空気状態なので、あまり当てには出来ません。ヤツラはあくまで「手伝う」というスタンスですが、1カ月ぐらい前から予定を開けて欲しい・・・と頼むと、その日は手伝ってくれます。

 

婆さんのこと以外にも、家の中のことをやらねばならない日があって、私が病院に行ってる間に、弟分は家で作業・・・なんてことも出来るので、来てくれるととっても助かります。

 

テレビ修理したりとか、家の補修とかね。そんなことまでやってやらにゃーならんのよ。

 

介護を手伝いに行った日の帰り道、すっかり暗くなった車の中で、我が弟に「ドクズちゃん、ゴメンな。12時間も疲れたやろ?」などと言うと、うちの弟は、「全然ええよ。いつでも言うて」などと返して来ますので頼みやすいと言えば頼みやすいのですが、弟の休みが減ってしまうのは弟が可哀相という思いもあります。まだ若いからね(´・_・`)

 

あの状態で生きていたって仕方がないので、弟と2人で、「婆さんがはよ死んだ方が、婆さんにとっても私達にとってもエエと思うねん」と言っていますが、弟に異論はなく、「せやなw」と言っていました。酷い精神の持ち主である我々ですが、姉弟なので似ている所があります(;・∀・)

 

あんな状態で生きていたい人なんて一人もいないと思うのよね。美味しいモンも食べられず、トイレすら行けず、会話も出来ず、あちこち痛い状態でただ息をしているだけなんだもの。

 

婆さんも元気な時には、「あんなんなってまで生きてたくない」って言うてたもの。はよ死んだ方が良いと思うんだけど、死にたくても死ねるもんでもないし、願った所ではよ死ぬわけでもなし。

 

 

介護をしていると、今週中に病院に連れて行かなあかん・・・なんてことも多々ありますので、弟たちのフットワークは重い・・・かな。予定が空いてたら来てくれるけど、そもそもわてなど、休みに予定を入れていませんので、全部介護に行けるようにしてるのよね。

 

でもそこまで言うてやったら可哀相・・・というか、二度と手伝いに来なくなるので、「いつも有難う。助かってる♡」っていうテイで対応しているよ(;・∀・)

 

弟分は私が少々おだてようが、全くビクともしませんが、我が弟は、私が頼りにすると、少し頑張ってくれます。そういう所が可愛いのですが、もうオッサンだけどね(;・∀・)

 

一体、ヤツラがいつまで手伝ってくれるのか戦々恐々ですが、直近は騙し騙しやって行こうと思っています(´・_・`)

 

うちの母は、あんまりやることが無いので、週に1回ぐらい、何かを頼むぐらいの状態ですが、あの人は歳のわりに何でもやろうとするので、ちょっと注意しておかなければ無茶をする時があります。しんどい時はしんどいって言うてくれた方が助かるんですが、しんどくても、「お母さん全然しんどくない」などと言うのです(;・∀・)

 

へぼすぎるのですが、うちの母は今、介護で腰を痛めてしまっているので、自分も通院中なのです。もう勘弁してよ・・・って感じヨ(;・∀・)

 

根性ではどうにもならないのですから、しんどい時は、しんどいって言えよ・・・と思うんですが、母は精神論で生きているので、やたらと根性を見せてきます。根性出されても、結果、話が進んでいないことも多いので、根性見せる前に、計画的に動いて欲しいのですが、もう何も言うまい・・・(´・_・`)

 

私は、婆さんチに行った瞬間、「あぁ、しんど・・・」ってなるけどね。あの状態の婆さん見てるだけで、疲れてしまうわ(;・∀・)

債務整理・任意整理・借金・相談などはこちら

アヴァンス法務事務所

ライズ綜合法律事務所

弁護士法人天音総合法律事務所

 

 

(´-`).。oO(私や弟に、「こんな状態で生きているぐらいならいつ死んでも良い」と思われても、婆さんは悲しまない・・・というか、「うん、そやな(笑)」って言うタイプだったよ。今はコミュニケーションが取れないから分かんないけど、そういう人だよ。だから好きなのよ)