40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

絶好調に憧れている

スポンサーリンク

毎日毎日、びっくりするぐらい無表情です。


気付くと頭の中で、「無ーーーーーーーーーーーー」となっている事があるので、


「あ、今、無だった」と気付くと、職場では口角上げるようにします。


「ムーーーーーーーーーーー」ってなるんですよ。無ーって。


口角上げようが何しようが、目が死んでいるので、どうしようもないんですけどね。




目が死んでいる日、ありますか?


私は1週間のうち、7日間は目が死んでいます。


1週間のうち、3日間は頭が痛くて、3日以上は調子が悪いです。


そして、5日以上は、あまりやる気が起きません。


さぁ、私の絶好調な日は、1週間のうち、一体何日あるでしょうか!




ゼロ日です。


もはや、ゼロ日なのです。


いえ・・・ゼロというと、語弊があるかもしれません。半日ぐらいは・・・。


いや、でもやっぱり絶好調となると、ゼロ。ゼロで間違いありません。


・・・・・ウチの会社の経営者がこのブログを見ない事を祈るばかりです。

     


やはり40半ばという年齢的なものでしょうか。


大昔の絶好調を覚えているだけに、絶好調のハードルが上がっています。


今の年齢での絶好調と、大昔の絶好調は違うと、もういい加減私は知るべきなのですが、


少々の調子良さでは、絶好調とは認められないのです。




もう手にすることが出来ないかもしれない、絶好調への憧れがハンパではありません。


昔は、もっともっと何食べても美味しかったし、何やっても面白かったんです。


もう今や、何食べても「あぁ・・・うん。」だし、何やっても「あぁ・・・うん。」です。


「美味しいんだけど・・・うん。もう疲れたから寝る。」


「面白いんだけど・・・うん。もう疲れたから帰る。」




この、「あぁ・・・うん。」の感覚、


母の友達(60後半)も、分かるーと言ってました。


私は精神年齢はアホ程低いのですが、身体年齢だけは60後半なのかもしれません。




・ ・ ・




私は今日、「多くの人が共感できる記事を書く」というテーマに取り組んでいたのですが、


・・・誰にも許可を取らずに勝手に。勝手にテーマに取り組んでいたんです。


・・・自分で決めたテーマに、勝手に独りで取り組む。孤独にも程があるって話です。




今日は、私にしては珍しくやる気に満ち溢れていたので、


もの凄く共感できる記事が書けるんではないか・・・そんな気がしていました。


でも、気のせいでした。


少々やる気が出たぐらいで、共感できる記事など書けませんし、


むしろ、先ほどまであった、もの凄いやる気もしぼんできて、いつも通りになってきました。




もしかしたら、70代前後の方からは共感されるのでは・・・


という気がしないでもないですが、今の70前後、お若いですからね。


意外と、若い男子に共感されるんじゃないか・・・って気もするのですが・・・。


死んだ目の若い男子、ちょいちょい見かけるもので・・・。




まぁ、70代前後と若い男子って、私のブログ見てねぇ気はしています。




クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ