40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

可愛いひと

スポンサーリンク

f:id:umekolife:20190109102515p:plain:w320




私の仕事が終わる時間に、年配女性のび太が寄って来て、「そのボリュームの話、帰る間際にするな・・・」という話をしてきたので、話をすり替えました。



年明け仕事が立て込んでいて、昨日ちょっとひと段落ついたのですが、のび太、あんまり分かってないから変に焦ってるのです(;・∀・)



「何回、備品が潰れた話、私にしてくんねん・・・」と思ったけど、その備品、どう考えてもボスが「いらん」って言うモノだったので、「それは絶対買わない。それどこで使うん?」などと適当に返事をしていましたが、まだブツブツ言うてくるので、暇なんだろうと、雑談をすることにした私です。




私 「のび太さん、髪の毛、サイドいつもより短くない?」 のび太、髪型を変えたばかりです



の 「そうやねんー(´・ω・`)」 急に自分の髪の毛を触り出すのび太。新しい髪型が気に入ってないようです。



私 「アリやけど、もうちょっと長い方が良くない?」 何様だ。お前がアリナシを決めるな(;・∀・)



の 「そうなのよーココが短いから、バランス悪いでしょー?」 


自分の髪型について私に事細かに説明してきました。まぁまぁメンドクサイ流れになって来ましたが備品の話を繰り返されるよりマシ(;・∀・)



私 「のび太さん、顔が綺麗から何してもイケるけど、もうちょい長い方がエエな」 


60半ばののび太に何言ってんだ・・・とお思いでしょうか?でもホンマにのび太、綺麗なんです(;・∀・)



の 「いやん。アンタまたそんなこと言うて。そんなん言うのうめちゃんだけやわ」 


皆、出し惜しみしてんのか、言わないだけなんですよね。顔のパーツの形も綺麗だけど、配置も良いし、あの歳であの透明感はありえぬレベルです



私 「いやマジで。他の60代でのび太さんより綺麗な人、周りにおる?」 


なかなかおらんと思うんです。うちの母親なんかのび太の足元にも及ばんわ(;・∀・)



の 「私の友達で、1人もの凄く綺麗な子おるのよ」 


一緒に歩いてたら、のび太の方がめちゃくちゃ年上に見られたりするんですって。( ´_ゝ`)フーン



話を広げすぎて、なかなか面倒な流れになってきました(;・∀・)
のび太がおもむろにスマホ出して来たので、まぁまぁウザかったのですが、のび太が言う、綺麗な60代を見てみたかったので、スマホの写真を見せてもらいました。



私 「・・・・・のび太さんの方が綺麗じゃん」 忌憚のない意見



の 「・・・」 喜んでいいのかどうしていいのか分からんって顔をしていました(;・∀・)



私 「その友達みたいな60代はよくいるよ。綺麗じゃないとは言わんけど、私が言ってんのは若く見えるかどうかってことじゃないよ」


若く見えるから綺麗ってこともないじゃん。若く見えるのと顔が整ってるかどうかってのはまた別なんですよね(;・∀・)




のび太、私が綺麗だって言うと、自分の顔の嫌いな所をあげつらって来るのですが、決して自分に自信が無いタイプではないのです。



「うめちゃん、私、京都に行って来てね・・・」と、京都の写真ではなく、顔面ドアップの自撮り写真を見せてくるぐらいのババァなのですが、あの人の自撮りはまだ見るに耐えられます。



それでも自撮り写真ぐらい見せられて困るモンもないですから、気が向いた時だけ見ています。見たくなけりゃ「私、人の写真は見ない」で済みます(;・∀・)



のび太の旦那は、あまりにも嫁を褒めなさすぎるので、私なんかに自撮り写真を見せてくるのです。話を聞いてたら、のび太の旦那は嫁が美人なのを忘れてるようで、のび太にクソミソに言うたりするのです( ´_ゝ`)
昔ながらのオッサンと言うのか、亭主関白はき違えてるタイプと言うのか。



あんな綺麗で優しい嫁さん貰って、褒めない旦那の気がしれません。
のび太は天然ババァなので、イラつくのも分かるけど、あの旦那、ちょっとワガママが過ぎるんですよね。何十年も連れ添って、嫁さん褒めまくる旦那もあんまり見かけないですけど、たまには褒めたれよ・・・と思います。



まぁ夫婦のこと、私には分からんけどね。ナマ言ってゴメンね(;・∀・)




(´-`).。oO(のび太、褒められて嬉しかったようで、更衣室の手前まで付いて来てわざわざ私が帰るのを見送ってくれました。仕事せぇ・・・と思ったけど、おもろい上に可愛い人なのです)




応援クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ