40代底辺女の貧困生活

月給15万で・・・貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っています。ボロ賃貸暮らし。

私は子供おばさん

スポンサーリンク

私は二歳 (岩波新書)

新品価格
¥842から
(2019/7/31 09:27時点)


こちらは「私は二歳」
子供オバサンとは逆で二歳児があれこれ考えています。育児書らしいのですが、子供がいない私も面白く読みました。




私のような孤独な人間、感情があるのが不思議です。
にんげんだもの、そりゃあるでしょって話ですけども、1人で黙ってもくもくと生きて行けば良いものを、あーでもないこーでもない考えたりするわけです。



昨日も女ボスはつまらぬことで大騒ぎしていましたが、それを見て「情けない」とか「恥ずかしくないのか」などと思うのを止めた方が良いと思ったんです。もうあの人変わらん。そういう人なんだもの。



「なんで私がオカン養わなアカンねん」などと思うのも止めた方がイイ。



この、自分だけが不幸を背負い込んでいるかのような、いわゆる悲劇のヒロイン的思考って、子供オバサンの特徴なんですって。昨日、ネットサーフィンしてたら書いてありました(;・∀・)



なんか薄々気付いてたけど、わてやっぱり、子供オバサンなんだわ・・・なんかそんな気がしてた・・・子供オバサンってどういう意味か、ハッキリ分かってなかったのよね。「精神が未成熟な大人」って意味合いらしいです( ´_ゝ`)



仕事辞める気も、オカンを放り出す気もないのですから、そこは無となってこなす方が自分の為だ・・・と思うのですが、日々、ネガティブな感情に支配されて疲れてしまいます。



不思議です。「イヤだ」と思ったって、仕方ないじゃんね。変えようとも変えられるとも思っていないのに、「イヤだイヤだ」と思うだけっていうのは、大人として主体性がない、成長していないと思うのです。普通の大人は、人生を改善するべく何か行動するじゃん。転職したり恋するのもエエと思うんだけども。



路傍の花を愛でたり、蝉の声に夏を感じたり、空が青いな・・・と思ってみたり、そういうのも良いんじゃないかと思います。日常のちょっとしたことに気付くのって、よほどの余裕がない限り無理ちゃうか。わて、見ないもの。花も見ないし空も見ない。蝉なんて大嫌いだわ。



自分が子供オバサンだって気付いたからって、自己嫌悪も反省もないのがまた、どうなんだろう。ぐだぐだ思うだけ。「子供オバサン」を自覚しただけ。



なんかネット読んでたら、どんどん自分が駄目になってる気がするわ。わて、自分のこと、普通のオバサンだと思ってたもの(;・∀・)



以前、「私は成長しない」というブログを書いた時に、「自分が成長しないと観ているその視点が成長ではないですか」というコメントが入っていました。その方も、中学時代から頭の中はそんなに変わっていないとも書かれてありました。こういう感覚の方は大人としての包容力があるんだろうと思います。私には無い感覚です。



私はブログをやっていますので、たまに優しい言葉をかけて下さる方がいます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°



フォローして下さる方がいるのですが、ビックリします。わて、赤の他人の為にコメント入れようなんて思ったことねーもの。世の中には良い人がいるんだ・・・とビックリするのです。



hsptest.jp
ちなみに私は、HSPでもあるようです。
ハイリー・センシティブ・パーソンの略で、診断テストには「すぐにビックリしますか?」の質問もありましたが、わて、「ほぼ当てはまる」にチェックしたよ。



中傷コメントが入る度に大騒ぎしている私ですが、中傷されている方がしっくりはきます。私に嫌なことを言うてくるヤツらが私に何か言いたーてしゃーないのは、なんか理解できます。



他人にしょーもない事をわざわざ言う人の理解はできんけども、私にボロクソ言うのは理解できます。ボロクソ言われても仕方ないような、そういう人間だもの、わて(;・∀・)



でも、中傷コメント駄目、絶対°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
そもそも私、わざわざ嫌いなヤツにしょうもないイヤなこと言うて来るヤツ嫌いやねん。他者を受け入れられないのって子供オバサンか子供オジサンやで、それ( ´_ゝ`)



と言っても、私のことが嫌いなんだろうけど、この人が言っていることは間違ってないし文章面白いな・・・って人も中にはいるのですけども、まぁほとんどおらんわ。私への感情がプラスだろうがマイナスだろうが、面白いもんは面白いんだけども、私自身が受け入れられない場合もあるからなぁ(;・∀・)




(´-`).。oO(暑いから水分補給しっかりしてね)




応援クリックして頂けると嬉しいです~

 ハハー _○/|_ 土下座

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ